【初心者でもわかる】SAMYANG(サムヤン)の18mmのフルサイズレンズ【レビュー】

photo-map logo カメラ・レンズ・撮影情報

10月25日に株式会社ケンコー・トキナーから、SAMYANGの新製品超広角単焦点レンズ「AF 18mm F2.8 FE」を発売しました。

フルサイズのSony Eマウントに対応していて、焦点距離18mmの超広角単焦点レンズで、AF(オートフォーカス)も対応しています。ちなみに定価は51,150円です。

そんなSAMYANG(サムヤン)の最新レンズを買うべきか、筆者の独断と偏見でみていきます。

購入を考えている人は是非参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

SAMYANG(サムヤン)18mmの超広角レンズの作例は?

まずは作例を見てみましょう。
ここで魅力的に見えなければそもそも購入する価値はないですからね。

公式サイトから引用しています。<公式サイト>

フルサイズで18mmはまさに超広角ですよね。屋内はもちろん、絶景でもその雄大さを表現できます。

SAMYANG(サムヤン)の新製品「AF 18mm F2.8 FE」のスペックは?

今回のSAMYANG(サムヤン)スペックを改めて表にしました。

焦点距離 18mm(単焦点)
絞り(明るさ/F値) F2.8-F22
重量 145g
画角 フルサイズ:100.1°
APS-C:76.2°
大きさ 60.5×φ63.5mm
レンズ構成 8群9枚
フィルター径 58mm
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.09倍
絞り羽根 7枚

特に注目して欲しいのが上の焦点距離・絞り(明るさ/F値)・重量の3つです!

それぞれ見ていきましょう。

SAMYANG(サムヤン)AF 18mm F2.8 FE:焦点距離

今回は単焦点レンズですが、35mmフルサイズで18mの超広角レンズです。
実際にSony E-マウントに対応しているレンズの中での18mmほどの広角レンズの中では定価ではほぼ最安値となっています。

Sony E-マウントユーザーでまだ広角レンズを持っていない人には、リーズナブルに超広角を撮れるので、かなりおすすめレンズです!

SAMYANG(サムヤン)AF 18mm F2.8 FE:絞り(明るさ/F値)

絞りはF2.8-22とよほど暗いところでなければ問題ないほど明るめです。
屋内での撮影では部屋の広さと明るさで困る場面が多いですが、そこの悩みにかなりマッチするレンズではないでしょうか?

SAMYANG(サムヤン)AF 18mm F2.8 FE:重量

また持ち運びする際に重要なのが、重さ(重量)ですよね。
今回のレンズは145gとかなり軽めです!
単焦点というのもあり、コンパクトなので持ち運びもかなり楽だし、動画撮影の際のジンバルとの相性も最高です。

動画撮影にもかなり活躍しそうな予感ですね。

SAMYANG(サムヤン)AF 18mm F2.8 FEのスペック評価まとめ

今回のSAMYANG(サムヤン)AF 18mm F2.8 FEはそもそも超広角を持っていない人にはもちろん、

現状のレンズでは屋内撮影で暗くて厳しいという経験をした人や、焦点距離で悩んだ人には

うってつけのレンズかもしれません。コスパもめちゃめちゃいいです。

さらに旅先で使うことが多い人にもおすすめです。

ただ、SAMYANG(サムヤン)のレンズは従来はAFに弱い印象がありました。

今回のレンズはLinear Stepper Motorを採用することで、高速で安定したオートフォーカスを実現できてますが、実際に触ってみないと分からない部分です。

感覚ですからね…。

今回はよりバージョンアップしているとはいえ、そこだけは直接お店で触ってみることをおすすめします!

ただ今回のレンズはSony E-マウントのフルサイズカメラを使っている方には是非一度は触れて欲しいほどおすすめの一本です!

スポンサードサーチ

超広角!SAMYANG(サムヤン)の18mmのフルサイズレンズ【レビュー】まとめ

カメラやパソコンなど、新製品の発表は幾つになってもワクワクするものですね。
今回は10月25日に発売された、SAMYANGの新製品超広角単焦点レンズ「AF 18mm F2.8 FE」をレビューしてみました。

今回は細かスペック解説ではなく、どんな人が買うべきかをみてみました。
本当に購入する場合は、AF機能のこともあるので、ぜひ実際に触ってみてください。

この記事が、最高のカメラライフを送る手助けになれば幸いです!

また当メディアでは様々な写真スポットを紹介しています!
人気の写真スポット記事を貼っておきますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

写真スポットメディア フォトマップのご紹介

当メディアではカメラ・写真を楽しむためのロケーション紹介など様々な情報を発信しております。

最新のカメラ情報から、一度は見たことあるような絶景の撮影ロケーションなどなど、知らないともったいない、旅を楽しめる情報がたくさんございます。

フォトマップ 公式instagram

この投稿をInstagramで見る

フォトマップ.net -写真スポットメディア-さん(@photomap_net)がシェアした投稿

そのほかにも公式Instagramやおすすめ記事もあるので、ぜひチェックしていってください!

インスタグラム運用代行・コンサルティングサービスも行っています!

上記で紹介したフォトマップのアカウントは、開設してから約9ヶ月が立ち、2020年3月現在ではフォロワー数は6,000人を超えています。

フォトマップでは、実際に結果を積み上げてきたフォトマップ独自のインスタグラム運用方法を元に、インスタグラム運用に関するコンサルティング・運用代行サービスを行っています。

飲食店やアパレル業界など、インスタグラムで売上拡大を目指している企業様のお力になりますので、もし興味のある方はこちらのページを参照してください。

フォトマップ インスタグラム運用代行・運用コンサルサービス
インスタグラムで売上アップさせませんか? 月5万円〜 フォトマップではインスタグラムの運用代行・運用コンサルティングも承っております。 「インスタでお客さんを増やしたいと思って始めたけどうまくいかない」 こんなお悩みを持って...

フォトマップの人気記事はこちら

【完全保存版】海外旅行前にフォローすべき世界のインスタフォトグラファー50選+@
旅行先をインスタグラムで決める人が増えている時代。 みているだけでも面白いし、海外に行った気分を味わえるし、いいですよね。 そんなインスタで活躍する絶景フォトグラファーを国内外問わず厳選してみました! これから旅行に行く予定のある人はもちろん、いろんな景色が見たい方もこのフォトグラファーを知っていれば間違いありません! ぜひチェックしてみてください!
【11選】超厳選!富士山の絶景写真スポット【完全保存版】
日本の代表とも言える富士山って絶景スポットが多すぎて迷ってしまうことありませんか? どこからみても綺麗な富士山だからこそ、とっておきの写真スポットを知って欲しい。 そんな思いで今回はここでしか見れないような富士山絶景写真スポットを厳選しました。
【MAP付55選】写真家必見!京都写真スポット【フォトジェニック】
京都のフォトジェニックな写真スポットを、便利なGoogle Map付きで55箇所紹介しています。 風情のある写真を撮影したい人も、フォトジェニックなインスタ映え写真を撮りたい人にもおすすめの写真スポットをまとめています。 ホテルなどから行きやすい京都の写真スポットを、付属のGoogle Mapから探して観光に役立ててください。

写真撮影tipsも掲載!テクに関しても徹底解説!

フォトマップ.net では写真のテクニック(tips)の記事も掲載しています。
これからカメラを始める人、写真にまだ自信がない方や復習したい人にもオススメです。
こちらも活用してください。

覚えておきたい写真の撮り方のコツ9つのチェックリスト【一眼カメラ】
写真の撮り方を学びたい人向けに9つのリストから写真撮影学べるよう作例と共に紹介しています。 一眼カメラを使っている人もスマホを使っているも基本的には同じで、基本となるコツが存在します。 構図や光、Youtubeを通して学べることも多く、写真の撮り方に悩んでいる人は本記事を活用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました