【初心者でも分かる】最新のSony α9 II(a9 II)は何が変わったのか?【レビュー】

sony a9ii カメラ・レンズ・撮影情報

2019年の11月1日にSony α9 II(a9 II)の発売されました。

このタイミングでカメラ本体を新調しようとしている方や他メーカーから乗り換えようと思っている方もいるのではないでしょうか?

でも何が今までと違うのか?」「結局買うべきなのか?」

気になりますよね。

今回はわかりやすさを追求して、Sony α9 II(a9 II)の何がすごくて、何を求めて買うべきなのかを見ていきます!

カメラを新機種に買い換えるなら、カメラ買取 がオススメです!
メルカリより高価買取できるので、軍資金を作りましょう。

スポンサードサーチ

そもそもSony α9ってどんな機種なの?

まず前提ですが、今回はSony α9シリーズの第2世代であるSony α9 II(a9 II)が発売されました。
Sonyファンの方は当たり前にわかると思いますが、他メーカーを使用している方もいると思うので、少しだけSony α9シリーズ自体を振り返ってみようと思います。

そんなの知っているよ!というかたはもちろん読み飛ばしていただいて大丈夫です。

Sony α7 α7S α7R α9

(Sony 公式サイトより)

こちらの写真を元に紹介します。
Sony αシリーズには大きく4つの種類があります。

今回取り上げる高解像度が売りのResolution『α7Rシリーズ』
標準機としてプロアマ問わず、性能もバランスが一番いいBasic『α7シリーズ』
高感度が売りのSensitivity『α7Sシリーズ』
高速性能が売りのプロ用機器『α9』

これがざっくりとしたSony α7シリーズの特徴です。
今回は唯一のプロ機であり、高速連写や高速AF性能を追求したα9(a9)シリーズの第2世代であるSony α9 II(a9 II)をみていきます。
事実上の最上位機種であり、スポーツ撮影などに適したプロ向けのα9はどのような進化をしたのでしょうか?

ちなみにSonyのラインナップについて、もっと詳しいことが知りたい方はこちら  <Sony ミラーレスカメラ一覧>

Sony α9 II(a9 II)のスペックは何が進化したのか?

今回はα9と比較してどこが進化したのかをみていきます。
全てのスペックを見たい方はこちらのリンクからみてみてください。<Sony α9 II(a9 II)の詳細スペックはこちら>

今回はわかりやすさ重視で、何が進化したのかを5つのポイントに絞って解説していきます!

  • 連写性能の進化
  • 手ブレ補正の進化
  • 新たなアルゴリズムによるAFパフォーマンスの進化と動画撮影への瞳AF
  • 撮影枚数(バッテリー)の進化
  • 操作性・防塵防滴仕様の進化

Sony α9 II(a9 II)の進化:連写性能

前モデルであるα9のメカニカルシャッターの連写性能が約5コマ/秒から約10コマ/秒に進化しました。
電子シャッター時は変わらずブラックアウトのない約20コマ/秒の連写が可能です。

Sony α9 II(a9 II)の進化:ボディ内部手ブレ補正

前モデルであるα9はボディ内手ブレ補正が5.0段分の効果でしたが、α9 IIは5.5段分に進化しています。

Sony α9 II(a9 II)の進化:AFパフォーマンスと動画撮影時の瞳AF

アンチフリッカー撮影に対応し、AFアルゴリズムのさらなる最適化で、精度と安定性の進化しました。
従来の動物の瞳AF対応はもちろん、動画撮影時の瞳AFも対応しました。

アンチフリッカー撮影とは?

はシャッタースピードを1/500秒や1/1000秒などの短さにしている際に起こる蛍光灯などの人工光源のチラつきを検知して、シャッターのタイミングをずらすことで、それを軽減する機能)

Sony α9 II(a9 II)の進化:撮影枚数(バッテリー)

ファインダー時は約500枚 約110分、液晶モニター時は約690枚 約120分の撮影が可能になりました。

Sony α9 II(a9 II)の進化:操作性・防塵防滴仕様

ほこりや湿気に強い設計にさらに進化し、操作性も向上しました。

<Sony α9 II(a9 II)>

 

<Sony α9(a9)>

具体的には以下の4点が変更されました。

  • 洗練されたマルチセレクタージョイスティックデザイン
  • 露出補正ダイヤルロックボタン
  • ダイヤルの形状と新しい位置
  • AF-ONボタンの直径とフィードバックの増加

Sony α9 II(a9 II)のスペックの進化まとめ

今回は変更点のみをピックアップしてみました。
個人的には大幅な性能アップと言える部分は少ない印象でした。
ただ現状ある全ての技術が盛り込まれている印象です。

フラッグシップモデルと言われるほどに、集大成と言える機種なのではないでしょうか?

  • 連写性能の進化
  • 手ブレ補正の進化
  • 新たなアルゴリズムによるAFパフォーマンスの進化と動画撮影への瞳AF
  • 撮影枚数(バッテリー)の進化
  • 操作性・防塵防滴仕様の進化

スポンサードサーチ

初心者でも分かる最新のSony α9 II(a9 II)は何がすごいのか?まとめ

カメラやパソコンなど、新製品の発表は幾つになってもワクワクするものですね。
今回はSony α9 II(a9 II)と前期モデルを比較して解説してみました。

今回は細かなスペックを度外視した書き方をしていますので、本当に購入する場合は、ぜひ実際に触って、たくさんお店の人にも聞いたほうがいいです。

Sony α9 II(a9 II)は現在37万円前後で販売しています。

「欲しいけど経済的にきつい…」「軍資金が足りない…」

そんな時は今使っている機種を買取に出すという手段もあります。以下のサイトはメルカリより高価な値段でしっかりと納得できる価格で買い取ってくれます。そして何より査定料・出張料無料なので、オススメです!

カメラ買取

写真スポットメディア フォトマップのご紹介

当メディアではカメラ・写真を楽しむためのロケーション紹介など様々な情報を発信しております。

最新のカメラ情報から、一度は見たことあるような絶景の撮影ロケーションなどなど、知らないともったいない、旅を楽しめる情報がたくさんございます。

フォトマップ 公式instagram

この投稿をInstagramで見る

フォトマップ.net -写真スポットメディア-さん(@photomap_net)がシェアした投稿

そのほかにも公式Instagramやおすすめ記事もあるので、ぜひチェックしていってください!

インスタグラム運用代行・コンサルティングサービスも行っています!

上記で紹介したフォトマップのアカウントは、開設してから約9ヶ月が立ち、2020年3月現在ではフォロワー数は6,000人を超えています。

フォトマップでは、実際に結果を積み上げてきたフォトマップ独自のインスタグラム運用方法を元に、インスタグラム運用に関するコンサルティング・運用代行サービスを行っています。

飲食店やアパレル業界など、インスタグラムで売上拡大を目指している企業様のお力になりますので、もし興味のある方はこちらのページを参照してください。

フォトマップ インスタグラム運用代行・運用コンサルサービス
インスタグラムで売上アップさせませんか? 月5万円〜 フォトマップではインスタグラムの運用代行・運用コンサルティングも承っております。 「インスタでお客さんを増やしたいと思って始めたけどうまくいかない」 こんなお悩みを持って...

フォトマップの人気記事はこちら

【完全保存版】海外旅行前にフォローすべき世界のインスタフォトグラファー50選+@
旅行先をインスタグラムで決める人が増えている時代。 みているだけでも面白いし、海外に行った気分を味わえるし、いいですよね。 そんなインスタで活躍する絶景フォトグラファーを国内外問わず厳選してみました! これから旅行に行く予定のある人はもちろん、いろんな景色が見たい方もこのフォトグラファーを知っていれば間違いありません! ぜひチェックしてみてください!
【11選】超厳選!富士山の絶景写真スポット【完全保存版】
日本の代表とも言える富士山って絶景スポットが多すぎて迷ってしまうことありませんか? どこからみても綺麗な富士山だからこそ、とっておきの写真スポットを知って欲しい。 そんな思いで今回はここでしか見れないような富士山絶景写真スポットを厳選しました。
【MAP付55選】写真家必見!京都写真スポット【フォトジェニック】
京都のフォトジェニックな写真スポットを、便利なGoogle Map付きで55箇所紹介しています。 風情のある写真を撮影したい人も、フォトジェニックなインスタ映え写真を撮りたい人にもおすすめの写真スポットをまとめています。 ホテルなどから行きやすい京都の写真スポットを、付属のGoogle Mapから探して観光に役立ててください。

写真撮影tipsも掲載!テクに関しても徹底解説!

フォトマップ.net では写真のテクニック(tips)の記事も掲載しています。
これからカメラを始める人、写真にまだ自信がない方や復習したい人にもオススメです。
こちらも活用してください。

覚えておきたい写真の撮り方のコツ9つのチェックリスト【一眼カメラ】
写真の撮り方を学びたい人向けに9つのリストから写真撮影学べるよう作例と共に紹介しています。 一眼カメラを使っている人もスマホを使っているも基本的には同じで、基本となるコツが存在します。 構図や光、Youtubeを通して学べることも多く、写真の撮り方に悩んでいる人は本記事を活用してください。
    メルカリより高額カメラ買取【写し屋】

    『カメラやレンズが欲しいけどお金的に厳しい』

    そんな時は今のカメラやレンズを
    買取に出して軍資金を作ろう!
    レンズ単品からでも利用可能です!

    『査定料・出張料無料』で『納得の高額価格』
    だから安心の写屋がオススメ!

    気になる方はボタンをタップ!

    カメラ・レンズ・撮影情報
    フォトマップ編集部をフォローする
    フォトマップ-カメラ・写真スポットメディア

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました