【ニコン Z5】ニコン最新のミラーレス Z5の魅力を徹底解説!

カメラ・レンズ・撮影情報

スポンサードサーチ

ニコン Z5 8月28日発売開始!

(引用:ニコン Z5 商品ページ)

国内カメラブランドでトップレベルで人気の『Nikon ニコン』から最新機種ミラーレス『Z5』が発売されました!

『ニコン Z5気になる!どんなカメラなんだろう?』
『ニコンのミラーレス気になるけど、どうせ高いんでしょ?』
『ぶっちゃけ弱点は?』

そんな気になる疑問に、フォトマップ編集部が答えます。

まず、結論だけ先に言えば、

『ミラーレス一眼カメラが欲しい』『フルサイズカメラに興味がある』

そんな方はぜひチェックすることをお勧めします。

 

『欲しいけど金銭的に厳しい…。』
そんな方にはカメラ買取 がおすすめです!
メルカリより高価買取なので、欲しいカメラの軍資金にしましょう!

カメラ買取

ニコン Z5を知る前に!Zシリーズとは?

国内でもトップレベルのシェアを誇り、中でも一眼レフカメラを中心にシェアを持つニコン

そんなニコンのミラーレス一眼シリーズが「Zシリーズ」です。

今回紹介するニコン Z5は「Zシリーズ」の最新機種ですが、そのZシリーズは果たしてどんなシリーズなのか知っていますか?

Nikon(ニコン) Z5をしっかり理解するためにも、少しだけ「Zシリーズ」について解説しておきます。

「そんなの知っているよ!」という方は読み飛ばしてください。
(ここをタップして読み飛ばす)

ニコン Zシリーズとは?

nikon z series

そもそもニコンは、Zシリーズの前にもミラーレスカメラ「Nikon 1シリーズ」を販売していました。
ただミラーレスと同じ作りの機種なのですが、当時のニコンは「ミラーレス」と銘打つことなく、販売していました。

 

しかし最近では、Sonyをはじめ、カメラ市場の時代の流れから再び「ミラーレス」に参入することを選び、ニコンの「ミラーレス」と初めて銘打たれて発売されたのが「Zシリーズ」の一号機である「Z7」でした。

ミラーレスというのも特徴ですが、マウントが一新されたことも大きなポイントで、従来のFマウントからZマウントになり、Fレンズを使うにはマウントアダプターが必要になりました。

ニコンZマウント用マウントアダプター(ニコンFマウントレンズ → ニコンZマウント変換) NF-NZ

特にレンズをたくさん持っている方にはマウントの違いはネックになるかもしれません。

そしてニコン Zシリーズのラインナップは現在以下の4種類です。※販売順

・Zシリーズ初の機種にして、高画素数モデル『Z7』
・Zシリーズのスタンダードモデル『Z6』
・Zシリーズで唯一のAPS-C機種『Z50』
・Zシリーズの良さをそのままに価格を抑え、手軽さを追求した最新機種『Z5』

 

今回は、Zシリーズの良さをそのままに価格を抑え、手軽さを追求した最新機種『ニコン Z5』を解説していきます。

スポンサードサーチ

ニコン Z5 のスペックは?3つのポイント

Zシリーズ最新機種「Z5」は、2020年7月21日に発表されました。

発売日は2020年8月28日です。

そんなニコン Z5の優れたポイントは以下の3つです。

  1. フルサイズ機としては驚きの低価格
  2. 携帯しやすいサイズ感と高画質
  3. 本格的な高性能と操作性

ニコン Z5のポイント:フルサイズ機としては驚きの低価格

Nikon Z5 製品ページより引用)

まずは何よりもその価格帯です。

ニコン Z5は、今までミラーレスやフルサイズの機種には価格面でなかなか手が出せなかった人をターゲットにしています。

そのためフルサイズのミラーレスとは思えないほど、手が伸ばしやすい低価格を実現しています。

 

具体的な価格は、公式ネットショップのニコンダイレクトで、

本体単品価格であれば ¥182,600(税込)

24-50mmの標準レンズキットで ¥222,200(税込)

です。

 

ちなみに、ニコン Z5の前機種となるZ6やZ7は、30万円前後〜45万円前後でした。

またAPS-C機のZ50は本体価格が¥119,900(税込)なので、どちらかといえばAPS-C機に近い価格帯を実現しています。

ニコン Z5の発売を期に「憧れのフルサイズミラーレスに切り替えたい!」

そんなユーザーの嬉しい悲鳴が聞こえてきそうな価格帯ですね!

『この機会にフルサイズのミラーレスに切り替えたい!』
そんな方におすすめなのがカメラ買取 です。
メルカリより高価買取なので、今使っているカメラをZ5の軍資金にしましょう。

カメラ買取

ニコン Z5のポイント:携帯しやすいサイズ感と高画質


Nikon Z5 製品ページより引用)

次に取り上げたいのがニコン Z5携帯のしやすさです。

従来のZシリーズや一眼レフD750などは、レンズと合わせて使うと1.1kg~1.4kgの重さでした。

今回の「ニコン Z5」はレンズ込みでも約870gという軽さを実現しています。
※レンズキットの場合

その軽さはやはりミラーレスだからこそです。

 

しかし軽く小さいからと言って、性能が落ちているわけではありません!

まず、フルサイズの有効画素数2432万画素、ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載しています。

Nikon Z5 製品ページより引用)

このセンサーは高解像と高感度性能のバランスに優れているセンサーです。

NIKKOR Z レンズと組み合わせることで、フルサイズならではの「臨場感あふれる解像感」はもちろん、被写体を際立てる「ボケ味」も楽しめます!

 

また高感度で、常用でもISO100 – ISO51200 と申し分ありません!

「でも相変わらずISO上げすぎたら使い物にならないんじゃない?」

この作例を見ればそんな言葉も出ませんよね。

(ISO 3200 Nikon Z5の撮影サンプルより引用)

ニコン Z5は高性能画像処理エンジンEXPEED 6とCMOSセンサーの連携で、暗いシーンでも解像感やノイズ特性に優れた、美しい映像を実現しています!

いくら持ち運んでも疲れない『携帯性』とともに、しっかりと『高画質のパワフルさ』を併せ持つのがニコン Z5の大きな魅力です!

ニコン Z5のポイント:本格的な高性能と操作性

「低価格だからついてない性能もいっぱいあるんでしょ?」

なんて不安も、ニコン Z5には必要ありません。
特に欲しい機能は全てついています。

  • ハイブリットAFと瞳AF
  • Zシリーズ初のSDカードダブルスロット
  • 長寿命バッテリーと充電しながら使えるUSB給電機能

ハイブリットAFと瞳AF

まず、273点のフォーカスポイントで画像の角の周辺部までカバーする『ハイブリッドAF』を搭載しており、どんな構図でもしっかり望んだ部分にフォーカスが当たります。

Nikon Z5 製品ページより引用)

さらに人物や動物の瞳に自動でフォーカスする『瞳AF機能』も実装されています。

ニコン Z5では、もうピント合わせに手こずることはほぼありません!

従来のZ6よりもAF機能は格段に進化しています。

 

Zシリーズ初のSDカードダブルスロット

Zシリーズ初のSDカードダブルスロットが実装され、同時にSDカードを2枚を使用できるようになりました。

これでもう保存容量でSDカードを撮影中に変える手間もなくなります。

またバックアップとして保存すれば、データの紛失の心配もなくなります。

Nikon Z5 製品ページより引用)

長寿命バッテリーとUSB給電機能

さらに安心して長時間撮影できる『長寿命バッテリー』を搭載しました。

フル充電で、静止画なら約470コマ、動画だと約120分間の撮影可能で、従来機より長く使用できるようになっています。

 

また充電器を指したまま利用できる『USB給電機能』も実装されています。

Nikon Z5 製品ページより引用)

「バッテリーがなくて撮影できない…」

もうニコン Z5ではこんなことが起きないんです!

ニコン Z5解説まとめ

今回解説したニコン Z5は、NikonのZシリーズの中でも、『フルサイズ』『ミラーレス』に切り替えるのにピッタリのカメラになっています。

特にカメラをやっている方であれば、フルサイズに憧れがあったり、ミラーレスが気になっていたりしすよね?

そんな方にはぜひ手にとって欲しいのがニコン Z5です!

ニコン Z5で夢の『フルサイズミラーレス生活』はじめませんか?

 

またもうフルサイズのミラーレスにするから今のカメラは不要!という方は、カメラ買取を使いましょう。

ただ残しておくのもいいですが、カメラは手入れをしないとどんどん価値は下がっていきます。

いっそ手放して、新しいレンズを買うという手もありますよ!

気になる方は下のリンクへ↓

メルカリより高額カメラ買取【写し屋】

『カメラやレンズが欲しいけどお金的に厳しい』

そんな時は今のカメラやレンズを
買取に出して軍資金を作ろう!
レンズ単品からでも利用可能です!

『査定料・出張料無料』で『納得の高額価格』
だから安心の写屋がオススメ!

気になる方はボタンをタップ!

カメラ・レンズ・撮影情報
フォトマップ編集部をフォローする
フォトマップ-カメラ・写真スポットメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました