インスタからフォトグラファーになるには?写真を仕事に生きる3人の写真家の軌跡

japaninstagrammer カメラ・レンズ・撮影情報

スポンサードサーチ

instagram発のPhotographer

5人に1人が旅行先をinstagramで決め、
大学生のスマホ所有率は100%というデータもあり、
うち10人に3人が一眼レフやデジタルカメラを持つ現代。

誰でも綺麗な写真が撮れ、
日頃のただの風景も有名インスタグラマーの写真ひとつで、
観光地にすら成りうる時代です。

そんな中でinstagramがきっかけとなって世界的に活躍することになったフォトグラファーがいます。
写真をやっているinstagramユーザーならば必ず知っている人たちですが、

彼らはなぜこんなにもフォロワーが多いのか?
なぜこんなにも注目されているのか?

彼らの経歴やインタビュー記事から探ってみました。

彼らの大ファンだからこそ、彼らのことが知りたい。
今回はinstagramをきっかけにして、フォトグラファーの道に進んでいる3人をピックアップしています。

 

これからinstagramをやる人、instagramをやっている人、もっとinstagramのフォロワーが欲しい、instagramを使って写真家になりたい人、全ての人に読んで欲しい。

売れるべくして売れたインスタグラマーたちの軌跡です。

 

全世界の美しい絶景を撮影しているフォトグラファーについてはこちらでまとめていますので、合わせてお読みください。

【完全保存版】海外旅行前にフォローすべき世界のインスタフォトグラファー50選+@
旅行先をインスタグラムで決める人が増えている時代。 みているだけでも面白いし、海外に行った気分を味わえるし、いいですよね。 そんなインスタで活躍する絶景フォトグラファーを国内外問わず厳選してみました! これから旅行に行く予定のある人はもちろん、いろんな景色が見たい方もこのフォトグラファーを知っていれば間違いありません! ぜひチェックしてみてください!

@eeeeeeeno ENO SHOHKI(イイノ ショウキ)さん

-Profile-

フォトグラファー。 1989年東京出身。多摩美術大学卒業。 在学中に、プロダクトデザインを専攻すると同時に、以前より興味があったグラフィックデザインの知識も習得。もともとあるデザイン事務所の立ち上げに関わっていたが、その過程でフルサイズカメラと出会い、カメラに目覚める。そしてテキスタイルデザインをやっていたインドネシア人の友人から卒業制作での写真依頼を受ける。その写真がSNSにあがったことがきっかけで、訪日旅行客を撮影する仕事からプロフォトグラファーの世界へ。<詳細はHPへ>

まず日本のストリートフォトグラファーとして絶対外せない方がENO SHOHKIさん

日常を切り撮ったスナップショットを中心に、色味が鮮やかだがしつこくなく、まるでドラマや映画のワンシーンのように見える作品が特徴的なフォトグラファーです。ポートレートではモデルへの影の入り方や肌の色味までもベストな瞬間を作品に収めています。

クライアントはNIKEやAdidas、SEIKOなど。

ENOさんは、数多くのメディアでインタビューもされていて、Instagramの写真がきっかけでプロのカメラマン人生が始まったというお話をよくされています。

 

-ENO SHOHKIの軌跡-

そんなENOさんのきっかけになられたのがこちらの作品です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shooting for @raradesu graduation exhibition.Textile design by @raradesu 3/3

ENOさん(@eeeeeeeno)がシェアした投稿 –

こちらは2016年の作品で、いいねの数も120件程度ですが、当時のInstagramユーザは世界でも5億人程度(現在は10億人を突破)、国内の月間アクティブユーザーは1200万人程度(現在は3300万人と3倍弱)と、今と比べてかなり少なかったようです。(出典:Insta Lab

この一枚の写真からプロのフォトグラファーへと踏み出したENOさん。
まさにinstragramでプロへの第一歩を踏み出した方ですよね。

そしてこのポストから約一月後、初めての写真展をソウルで開かれています!
初の個展開催が海外で、現在のフォロワーも約8割の方が海外の方だそうで(&M記事より)、まさに海外で活躍されているフォトグラファーですよね。

そして現在、instagramで49.9千人、Twitterでも1万人を超えるフォロワーをもつフリーランス4年目のENOさんはどのような姿勢、マインドで写真と向き合っているのでしょうか?

-ENO SHOHKIのセンスを築くマインドとは?-

こちらは2019/06/19の投稿です。与えられた条件の中で、どう自分の色を出すか。そこに注力されているようで、ENOさんのお写真は、ポートレートやスナップショット、CityScapes問わず、全てENOさん色で統一されています。

与えられた中で最高の作品を生み続けている姿勢、プロとしてどんな案件でも自分の良さを出しつつ最高のものを作る。

これからフォトグラファーを目指す人にはぜひ取り入れていきたいマインドです。

-ENO SHOHKI LINK-

公式サイト

インタビュー記事

スポンサードサーチ

@yuma1983 YAMASHITA YUMA さん

-Profile-

Instagramとの出会いで写真の世界に魅了されたことがきっかけとなり、現在はINSPIRATION CULT MAGAZINEのeditor at largeとして活動中。Instagramを初期はiPhoneで撮影していた。Instagram等の写真系SNSを通じて国内外に広いネットワークを持っており、特に来日する海外のフォトグラファーとの交流では東京におけるハブ的な役割を担う。写真をもっと楽しくするメディア「RECO」にもフォトグラファーとして参画していた。サントリーなど大企業をクライアントにもち、タレントのローラなどもモデル撮影している。

YUMA YAMASHITAさんは今起きているカルチャーの創世を世界に向けて発信していくメディア、INSPIRATION CULT MAGAZINEのeditor at largeを務めています。

SUNTORYやTOYOTAなどの国内企業をはじめ、BREITLING、SAMSUNG、TOMMY HILFIGER、Adidasもクライアントにもち、Instagramは10万人以上のフォロワーをもつフォトグラファーです。

ストリートフォトグラファーといえばまずYAMASHITA YUMAさんが浮かぶ人も多いでしょう。ですが、もともとinstagramはiPhoneで撮影していたというのはあまり知られていません。

-YAMASHITA YUMAの軌跡-

iPhoneを使用していた当時の作品がこちらです。

2014年の作品で、Chivas Regalというウイスキーブランドと、「Toast to Tokyo -東京に乾杯-」というコンセプトで撮影されたものです。
iPhoneでこのクオリティ!
写真は機材だけでは作れないのだと思い知らされる作品です。

 

iPhoneの時代からクライアントと仕事をされていたYUMAさん、2015年にはINSPIRATION CULT MAGAZINEを創刊しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@InspirationCultMag : Introducing a whole new magazine featuring street photographers. Please tag #inspirationcultmag for the feature, and join our movement.

YUMA YAMASHITAさん(@yuma1983)がシェアした投稿 –

こちらのアカウント(@inspirationcultmag)も3万人のフォロワーがいるHubとなっています。

そして2017年にはタレントのローラさんとの撮影をされ、一般の方にも広く認知されるきっかけにな理ました。こちらでYUMAさんを知った人も多いと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Photo Shoot with @rolaofficial for @missbish Check out the link in my bio #Rola

YUMA YAMASHITAさん(@yuma1983)がシェアした投稿 –

-YAMASHITA YUMAのセンスを築くマインドとは?-

そんなYUMAさんの記事やメディアを拝見する中で感じたのは、海外のフォトグラファーとのつながりです。インスタグラマーとしてクライアントとコンセプトありきの仕事をされていた経緯から、他の人にはない構図や面白い着眼点を強みにもつYUMAさん。
しかし日本人の写真は世界的に見ると独特なのだとか。

YUMAさんはそんな枠にも囚われないよう、様々な国のフォトグラファーと共に撮影に行き、その人が撮影する視点にいつも刺激をもらい、自身の視点を磨いていた経験があります。

その姿勢がYUMAさんのセンスを築いているようです。

-YAMASHITA YUMA LINK-

 

@_tuck4 YASUI TAKASHIさん

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_tuck4 🏯 #playkimono 📷 by @kojitamura_official

Takashi Yasuiさん(@_tuck4)がシェアした投稿 –

Name: YASUI TAKASHI

-Profile-

2010年に趣味で写真を始める。写真をもっと楽しくするメディア、”RECO”を立ち上げた人。Instagramとの出会いがキッカケで、2015年にフリーランスフォトグラファーに転身。Instagramを通じての企業案件やアーティストの撮影など、新しいフォトグラファー像を追求している。

写真をやる人ならRECOというメディアを知っていますよね?こちらを立ち上げた方がまさにこの方です。
現在instagramアカウントは20万人を超え、twitterのアカウントも3万3千人を超えるフォロワーをもつYASUI TAKASHIさんは、2012年からinstagramを使いはじめ、2015年に独立。その後日本のフォトグラファーにはなじみが深い”RECO”を立ち上げています。
“RECO”は”写真をもっと楽しくするメディア”として、一気にフォトグラファーの間に広がっていきました。

instagramのRECOアカウントも9万5千人のフォロワーがいます。

そんなYASUI TAKASHIさんはどのようにしてフォロワーや人気を獲得してきたのでしょうか?

-YASUI TAKASHIの軌跡-

 

この投稿をInstagramで見る

 

🏮

Takashi Yasuiさん(@_tuck4)がシェアした投稿 –

YASUI TAKASHIさんが有名になるきっかけのお写真はこちら。
今でこそ似たような作品多くの人が撮影されていますが、そのオリジナルがまさにこの作品です。

YASUI TAKASHIさんは独立するにあたり、自身のブランディングとして、“Photographer in Kyoto”を掲げています。KYOTOを中心に発信していくフォトグラファーとして活動され、京都の写真家といったら自分であるということを印象付けるようにしていたようです。

ご本人のBLOGにも掲載されていますが、海外の大手メディアに掲載され、Facebookページに63万いいねがつき、イタリア最大の発行部数を誇る新聞、ラ・レプッブリカ(La Repubblica)のwebページにも取り上げられ、HYPEBEASTにも取り上げられました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shooting for SEKAI NO OWARI #OnlyOnInstagram @dj_love0823 @fukase_sekainoowari @saori_sekainoowari @nakajin_sno

Takashi Yasuiさん(@_tuck4)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shooting for @landroverjpn #ランドローバー #冬ゴモラナイ 🚀

Takashi Yasuiさん(@_tuck4)がシェアした投稿 –

それを機に様々なメディアで取り上げられ、アーティストのSEKAI NO OWARIやLandroverjpn、NHK、富士フィルム、エイベックス、ANAなど、様々な企業などとコラボ撮影をされています。

そんなYASUI TAKASHIさんの軌跡の中で、外せないのが “写真をもっと楽しくするメディアRECO”です。
作例はもちろん、カメラや撮影方法、レタッチの方法など様々な記事があり、まさにカメラを楽しむためにあるメディアとなっています。
実は上記で紹介したYAMASHITA YUMAさんもフォトグラファーとして参加されていたそうです。


さらにYASUI TAKASHIさんはGalaxyの企画や撮影会などにも参加されており、スマホカメラにも目を向けていて、最近ではYutubeにも動画を掲載しています。

 

その他Twitterはもちろん、個人のBLOGやnoteなど、instagramだけでなく様々なSNS、メディアで情報発信をし続けているYASUI TAKASHIさんは、どのようなマインドで活動されているのでしょうか?

-YASUI TAKASHIのセンスを築くマインドとは?-

YASUI TAKASHIさんは一言で表すと、かなり環境に対応されている方。
扱うSNS媒体の数や収入源を複数持つことなど、しっかりと周りを見据えた活動のされ方をしています。特にそのマインドを感じたのが、XICOの対談企画です。

黒田明臣さんや濱田英明さんと対談されたのですが、SNS発のフォトグラファーならではの視点の話が本当に一貫されていました。また収入源の話まで踏み込んでいて、フォトグラファーなのにtwitterやnoteなどの言葉ベースの媒体でも人気の理由がよくわかります。

写真を始める際に海外を見据えたコンセプトPhotographer in Kyotoを掲げ、RECOを立ち上げ、個人でもクライアント業からnoteの執筆とあらゆる角度で活動されているYASUIさんは、時代の流れを知らなければならないフォトグラファーには絶対に目を話せない存在でしょう。

 

-YASUI TAKASHI LINK-

 

スポンサードサーチ

インスタからフォトグラファーになるには?写真を仕事に生きる3人の写真家の軌跡まとめ

今回はENO SHOHKIさん、YAMASHITA YUMAさん、YASUI TAKASHIさんの軌跡を紹介しました。
instagramで写真を撮影している人の多くが、憧れている方たちです。
そんな彼らのセンスを築く経験やマインド、価値観を垣間見ることができました。

ENOさんの “与えられた枠内でいかに自分を出すか”
YUMAさんの “経験で磨いた様々な視点から生まれる発想”
YASUIさんの “広い視野で様々な面を見据えた活動”

全てが作品に落とし込まれているように感じます。

 

これから写真を撮りたい人、instagramを活用していこうと考えている人には、この記事で彼らのマインドや作品を学んでいただけたかと思います。
まずはこのような人たちのやり方、撮り方をマネするところから入ってもいいと思います。
ぜひ活かしてみてください。

写真スポットメディア フォトネット.netのご紹介

当メディアではカメラ・写真を楽しむためのロケーション紹介など様々な情報を発信しております。

最新のカメラ情報から、一度は見たことあるような絶景の撮影ロケーションなどなど、知らないともったいない、旅を楽しめる情報がたくさんございます。

これからの時期にぴったりな紅葉のスポットも紹介しています。

【2019年】最新の注目紅葉スポットを紹介!
「紅葉スポット」の記事一覧です。

そのほかにも公式Instagramやおすすめ記事もあるので、ぜひチェックしていってください!

人気記事はこちら

【完全保存版】海外旅行前にフォローすべき世界のインスタフォトグラファー50選+@
旅行先をインスタグラムで決める人が増えている時代。 みているだけでも面白いし、海外に行った気分を味わえるし、いいですよね。 そんなインスタで活躍する絶景フォトグラファーを国内外問わず厳選してみました! これから旅行に行く予定のある人はもちろん、いろんな景色が見たい方もこのフォトグラファーを知っていれば間違いありません! ぜひチェックしてみてください!
【MAP付55選】写真家必見!京都写真スポット【フォトジェニック】
京都のフォトジェニックな写真スポットを、便利なGoogle Map付きで55箇所紹介しています。 風情のある写真を撮影したい人も、フォトジェニックなインスタ映え写真を撮りたい人にもおすすめの写真スポットをまとめています。 ホテルなどから行きやすい京都の写真スポットを、付属のGoogle Mapから探して観光に役立ててください。
【11選】超厳選!富士山の絶景写真スポット【完全保存版】
日本の代表とも言える富士山って絶景スポットが多すぎて迷ってしまうことありませんか? どこからみても綺麗な富士山だからこそ、とっておきの写真スポットを知って欲しい。 そんな思いで今回はここでしか見れないような富士山絶景写真スポットを厳選しました。

写真撮影tipsも掲載!テクに関してはここ!

フォトマップ.net では写真のテクニック(tips)の記事も掲載しています。
これからカメラを始める人、写真にまだ自信がない方や復習したい人にもオススメです。
こちらも活用してください。

覚えておきたい写真の撮り方のコツ9つのチェックリスト【一眼カメラ】
写真の撮り方を学びたい人向けに9つのリストから写真撮影学べるよう作例と共に紹介しています。 一眼カメラを使っている人もスマホを使っているも基本的には同じで、基本となるコツが存在します。 構図や光、Youtubeを通して学べることも多く、写真の撮り方に悩んでいる人は本記事を活用してください。

フォトネット.net 公式instagram

この投稿をInstagramで見る

フォトマップ.net -写真スポットメディア-さん(@photomap_net)がシェアした投稿

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました