【Sony a6100】初心者向け!Sony a6100は買うべき?徹底考察

カメラ・レンズ・撮影情報

「Sony a6100ってどんなカメラ?」
「興味はあるけど、カメラにそこまで詳しくない」
「わかりやすくどんなカメラなのか知りたい!」

そんな方に向けて、今回はSony α6000シリーズの最新機種「Sony a6100」の魅力を徹底解説していきます。

できるだけ用語も解説しつつ紹介するので、カメラ初心者お方も安心して読み進めてください!

カメラを新機種に買い換えるなら、カメラ買取 がオススメです!
メルカリより高価買取できるので、軍資金を作りましょう。

カメラ買取

スポンサードサーチ

Sony a6100の解説前に、Sony α6000シリーズとは?


(引用:Sony a6100 製品ページ

「Sony a6100」は、2019年10月25日に発売された、Sony α6000シリーズの最新機種です。

「Sony a6100」の詳しい解説の前に、初めての方や、Sonyのカメラに詳しくない方のために、少しだけSony α6000シリーズについておさらいしておきます。

「知っているよ!」という方は以下で読み飛ばせます。

「Sony a6100」の解説へ

Sony α6000シリーズとは?

Sony α6000シリーズはセンサーサイズがAPS-Cサイズのミラーレス一眼カメラです。

センサーサイズがAPS-Cサイズって何?

「この違いは分かる!」という方は、以下をタップして次に進んでください。

α6000シリーズのラインナップへ

わからない人ように一つずつ解説します。

まず、センサーとは、カメラがレンズを通して見えているものを写真として描写する機能を持つ、カメラの命とも言える部分です。

このセンサーが小さいのがAPS-C機大きいのが35mmフルサイズ機、と呼ばれています。

Sony内ではAPS-C機のシリーズが「Sony α6000シリーズ」、フルサイズ機のシリーズが「Sony α7シリーズ」となっています。

描写力を司るセンサーサイズが小さいので、描写性能はAPS-C機の方が劣りますが、その分カメラの価格や対応レンズの価格が安価なので、初心者やあくまで趣味レベルのカメラマンにはAPS-C機が使われることが多いです。

ざっくりこれだけわかっていれば問題ありません。

ただもっと詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

(参考:Sony “フルサイズセンサー”と“APS-Cセンサー”の違いとは?

Sony α6000シリーズの種類は2つ

Sony α6000シリーズは大きく2つのモデルに分けられます。

エントリーモデル』と『ハイアマチュアモデル』です。

名前の通り、「エントリーモデル」はカメラを始める人などを主なターゲットにしているカメラで「値段が安い」「機能面が最低限」という特徴があります。

主な機種としては、

・α5100(a5100)
・α6000(a6000)
・α6400(a6400)
・今回発売されるα6100(a6100)

の4種類があります。(2020年8月現在)

「Sony a6100」は、このエントリーモデルの最新機種に当たります。

一方で「ハイアマチュアモデル」は、

・α6500(a6500)
・11月1日に発売されるα6600(a6600)

があります。

では、ここから改めて「エントリーモデル」の最新機種Sony a6100をみていきましょう。

Sony a6100のスペックは?4つのポイント

まずはSony α6100(a6100)のポイントとなるスペックを見ていきましょう。

Sony a6100のここが新しい!4つのポイント

今回は特に4つのポイントに絞って、解説していきます。

・決定的瞬間を捉えるスピードAF機能!
・被写体にピントを合わせ続けるAF機能!
・セルフィーもバッチリの液晶モニター搭載!

・モニターのタッチ操作対応!操作性も向上!
※AF機能はオートフォーカス機能のことです。以下AFで表記しています。

Sony a6100のポイント:決定的瞬間を捉えるスピードAF機能!


(引用:Sony a6100 製品ページ

今回のα6100(a6100)の目玉とも言える変化の一つが、高速・高精度なオートフォーカス(AF)機能の搭載です。

簡単に解説すると、オートフォーカスするスピードが3倍に向上しました!

具体的には、前機種のα6000(a6000)で0.06秒かかったオートフォーカスの速度が、0.02秒の1/3にまで高速になっています。

これで動き回るお子さんやペットが被写体でも、狙ったときに素早くピントを合わせることができます!

Sony a6100のポイント:被写体にピントを合わせ続けるAF機能!

またAF機能の進化はスピードだけではありません。

動く被写体でも一度ピントが合えば、被写体の動きに合わせてピントを合わせ続けてくれる機能「リアルタイムトラッキング」が実装されました。

言葉で説明するよりわかりやすい動画をどうぞ。

またSonyのカメラの大きな特徴である「瞳AF機能」も進化しています。

瞳AF機能は、被写体が人や一部の動物(犬や猫)の場合、その瞳にピントを合わせてくれる機能です。

従来の機種では、ピントを合わせた瞬間は瞳に合うのですが、動いてしまうとまたピントを合わせ直す必要がありました。

しかしSony a6100はリアルタイムで瞳を追い続ける『リアルタイム瞳AF』に進化しました!


(引用:Sony a6100 製品ページ

この機能で、遊びまわるお子さんの撮影や動き回るペットの写真もピンボケの心配がありません。

ピンボケを気にせずに撮影でき、構図や被写体の動きにだけ集中できるので、今まで以上にシャッターチャンスを逃しませんよ!

Sony a6100のポイント:セルフィーもバッチリの液晶モニター搭載!


(引用:Sony a6100 製品ページ

さらに従来のα6000(a6000)などは、モニターの可動域の関係上、画面を見ながらのセルフィーは撮れませんでした。

それに対して今回のα6100(a6100)は上に180度回転するので、旅行などでも大活躍です!

特にカメラを旅行やVLOGの思い出作りに欲しいと考えている人には嬉しい機能ですよね!

またモニターの可動域が広がったことで、手を伸ばしていつもより高いところから撮影したり、逆に地面スレスレの構図でも簡単に撮影できます。


(引用:Sony a6100 製品ページ

Sony a6100のポイント:モニターのタッチ操作対応!操作性も向上!

さらにSony a6100はモニターのタッチ操作が可能になりました!

モニターにタッチするだけでオートフォーカスする機能や撮影する機能もあり、画面で簡単に撮影できるようになっています。

また、ボタンを自分の好きなようにカスタマイズして、操作しやすくすることもできます。

さらに心地よい操作感とホールド性を高めるために、改良されたグリップや、シャッターボタンを押した時、モードダイヤルを回した時など、感触にまでこだわっています。

使えば使うほど、さらに使いやすくなりそうですね!

スポンサードサーチ

Sony a6100のスペックまとめ!

ここまで紹介してきたポイントも踏まえて、Sony a6100のスペックをまとめてみました。

Sony a6100の4つのポイントまとめ

・決定的瞬間を捉えるスピードAF機能!
・被写体にピントを合わせ続けるAF機能!
・セルフィーもバッチリの液晶モニター搭載!

・モニターのタッチ操作対応!操作性も向上!

Sony a6100のスペック一覧表

価格(Sonyストア定価) 本体価格:89,900 円+税
レンズキット:99,900 円+税
ダブルレンズキット:119,900 円+税
発売日 2019/10/25
画素数 カメラ有効画素数:約2420万画素
総画素数:
約2500万画素
センサー 有効2420万画素のAPS-C Exmor CMOSセンサー
ISO感度(推奨露光指数) 静止画:ISO100-32000 (拡張:上限ISO51200)
動画撮影時:ISO100-32000相当 
シャッタースピード 静止画撮影時:1/4000-30秒、バルブ
動画撮影時:1/4000-1/4(1/3ステップ)
AF機能性 ファストハイブリットAF(高速AF)

測距点数:425点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式)

検出輝度範囲 EV-2-20 (ISO100相当、F2.0レンズ使用)

リアルタイムトラッキング&リアルタイム瞳AFに対応

タッチモニター  対応 タッチ操作でAF可能

180度チルト可動式液晶モニター搭載

大きさ 120.0mm x 66.9mm x 59.4mm
重さ 396 g(バッテリーメモリーカード含む)

発売されるラインナップは3種類!

ボディ単体 パワーズームレンズキット ダブルズームレンズキット
価格 ¥89,900+tax ¥99,900+tax ¥119,900+tax
内容 α6100(a6100)本体のみ α6100(a6100)本体 レンズ1本 <SELP1650> α6100(a6100)本体 レンズ2本 <SELP1650><SEL55210>
カラー ブラック/ホワイト ブラック/ホワイト ブラック/ホワイト

発売されるラインナップはこちらです。

当たり前かもしれませんが、一眼ミラーレスカメラは一眼レフカメラ同様、レンズと本体が別々で購入できます。

まだカメラを買ったことがない方は間違えずにレンズキットを購入しましょう。

Sony α6100(a6100)のスペックの評価

以上が主なスペックになります。

従来のα6000(a6000)よりさらに初心者でも使いやすく、思った写真を撮れるような工夫がされています。

性能もかなり進化していますよね。

以上を含めて、どんな人が買うべきなのか見ていきましょう。

Sony α6100(a6100)はこんな人が買うべき!

Sony α6100(a6100)以下の3つに当てはまる方におすすめです。

・初めて本格的なカメラを購入したい人
・旅行などに持っていける一眼カメラを探している人
・お子さんの運動会やペットなどの動くものを撮影したい人

初めて本格的なカメラを購入する人

まず、これからカメラを始める人にはかなりオススメの機種です!

レンズを切り替えられる一眼カメラの中ではどのメーカーよりも破格の値段です。

同時期に発売するα6600(a6600)はこれよりさらに高性能ですが、値段は15万円超え。

また2019年2月に発売されているα6400(a6400)はレンズキットで12万前後です。

リアルタイム瞳AFなど、最新機種らしいスペックながら、この価格はかなりコスパがいいです。

初めての人にはかなりおすすめです。

旅行であまり荷物にならない小さなセカンドカメラが欲しい人

また旅行の際は、フルサイズの一眼カメラはなかなかかさばります。

とくにバックパッカーのようなできるだけ身軽で旅行したい人には、機内持ち込みの際に重さの上限まで余裕がなく、持ち運ぶのはとても厳しいです。

そんな人にもSony α6100(a6100)はおすすめです。

持ち運びに特化していますし、価格が安いので、セカンドカメラとしても活躍しそうです。

お子さんの運動会やペットなどの動くもの撮影したい人

さらに新しく子供ができた!ペットを飼った!など、これから動き回るお子さんやペットを撮影していきたい人にもおすすめのカメラです。

ピンボケで悩むことはほどんどなく、思い出をちゃんと綺麗な写真で保管していくことができます。

 

スポンサードサーチ

Sony a6100 はこんな人にはお勧めしません

No!

一方で以下に当てはまる人にはお勧めしません。

・写真自体の腕を上げていきたい人
・写真の編集に力を入れている人

さらに写真自体の腕を上げていきたい人や、写真の編集に力を入れている人にはオススメしません。

もちろんこの製品が悪いわけではないですが、やはりスペックはセミプロ機に比べ劣ります。

今回のAF機能などはフルサイズ機ではほとんどが整備されているし、やはり描写力がどう頑張っても追いつけません。

そんな方はフルサイズ機や同時期に発売されたSony α6600を検討してみましょう。

【初心者でも分かる】最新のSony α6600(a6600)は何がすごいのか?【レビュー】
10月11月とSonyの一眼ミラーレスカメラが続々と新機種が出てきます。 このタイミングでカメラ本体を新調しようと考える方や他メーカーから乗り換えようと思っている方も少なくないのではないでしょうか? でもSony α6600(a6600)って何が今までと違うの?結局買うべきなのか?気になりますよね。 そんなあなたに朗報です!今回はわかりやすさを追求して、SonyのAPS-C最新機種であるSony α6600(a6600)の何がすごくて、どんな人が買うべきなのかを検証していこうと思います。 カメラにそこまで詳しくない方や初めての方に向けた記事なので安心して読み進めてください。

カメラの買い替えはやはり無理…そんな時の裏技

「欲しいけど経済的にきつい…」「軍資金が足りない…」

そんな時は今使っているカメラやレンズを買取に出すという手段もあります。

以下のサイトはメルカリより高価な値段でしっかりと納得できる価格で買い取ってくれます。

そして何より査定料・出張料無料なので、オススメです!

カメラ買取

また、それでもカメラは決して安くはありません。

そこで必要であればカメラレンタルもオススメです。

使い心地を試す意味でも、一度レンタルしてみるのもいいかもしれません。

また最新機種は難しくても、その前の機種やいつもと違うメーカーのカメラを使えるので、お金をためる間はレンタルでカメラを楽しむ手もありますよ!

Rentry

写真スポットメディア フォトマップのご紹介

当メディアではカメラ・写真を楽しむためのロケーション紹介など様々な情報を発信しております。

最新のカメラ情報から、一度は見たことあるような絶景の撮影ロケーションなどなど、知らないともったいない、旅を楽しめる情報がたくさんございます。

フォトマップ 公式instagram

この投稿をInstagramで見る

フォトマップ.net -写真スポットメディア-さん(@photomap_net)がシェアした投稿

そのほかにも公式Instagramやおすすめ記事もあるので、ぜひチェックしていってください!

フォトマップの人気記事はこちら

【完全保存版】海外旅行前にフォローすべき世界のインスタフォトグラファー50選+@
旅行先をインスタグラムで決める人が増えている時代。 みているだけでも面白いし、海外に行った気分を味わえるし、いいですよね。 そんなインスタで活躍する絶景フォトグラファーを国内外問わず厳選してみました! これから旅行に行く予定のある人はもちろん、いろんな景色が見たい方もこのフォトグラファーを知っていれば間違いありません! ぜひチェックしてみてください!
【11選】超厳選!富士山の絶景写真スポット【完全保存版】
日本の代表とも言える富士山って絶景スポットが多すぎて迷ってしまうことありませんか? どこからみても綺麗な富士山だからこそ、とっておきの写真スポットを知って欲しい。 そんな思いで今回はここでしか見れないような富士山絶景写真スポットを厳選しました。
【MAP付55選】写真家必見!京都写真スポット【フォトジェニック】
京都のフォトジェニックな写真スポットを、便利なGoogle Map付きで55箇所紹介しています。 風情のある写真を撮影したい人も、フォトジェニックなインスタ映え写真を撮りたい人にもおすすめの写真スポットをまとめています。 ホテルなどから行きやすい京都の写真スポットを、付属のGoogle Mapから探して観光に役立ててください。

写真撮影tipsも掲載!テクに関しても徹底解説!

フォトマップ.net では写真のテクニック(tips)の記事も掲載しています。
これからカメラを始める人、写真にまだ自信がない方や復習したい人にもオススメです。
こちらも活用してください。

覚えておきたい写真の撮り方のコツ9つのチェックリスト【一眼カメラ】
写真の撮り方を学びたい人向けに9つのリストから写真撮影学べるよう作例と共に紹介しています。 一眼カメラを使っている人もスマホを使っているも基本的には同じで、基本となるコツが存在します。 構図や光、Youtubeを通して学べることも多く、写真の撮り方に悩んでいる人は本記事を活用してください。
メルカリより高額カメラ買取【写し屋】

『カメラやレンズが欲しいけどお金的に厳しい』

そんな時は今のカメラやレンズを
買取に出して軍資金を作ろう!
レンズ単品からでも利用可能です!

『査定料・出張料無料』で『納得の高額価格』
だから安心の写屋がオススメ!

気になる方はボタンをタップ!

カメラ・レンズ・撮影情報
フォトマップ編集部をフォローする
フォトマップ-カメラ・写真スポットメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました