【Canon EOS R6】8/27発売!Canon(キヤノン) EOS R6の魅力に迫る!

カメラ・レンズ・撮影情報

2020年8月27日にCanon(キヤノン) から、EOS R6が発売されます!

「今までのEOS Rシリーズと何が違うの?」
「R5との違いは?」
「わかりやすくどこがすごいのか知りたい!」

そんな方のために、写真スポット・カメラ情報メディアである「フォトマップ」が解説します!

「EOS R6欲しいけど、お金が…」
そんな時は今のカメラをカメラ買取 で下取りに出すのがおすすめ!
メルカリより高価買取のカメラ買取はコチラ↓

カメラ買取 

スポンサードサーチ

Canon(キヤノン) EOS R6 2020年8月27日発売予定!

EOS R6 紹介動画【キヤノン公式】

2020年7月9日、Canonから最新機種のEOS R5 / EOS R6が同時に発表されました。

EOS R6は2020年8月27日に発売予定です。

EOS R6のコンセプトは、『扱いやすく自分好みにカスタマイズできる操作性と、手に入れやすい価格で提供する、親しみやすい(フレンドリー)なカメラ』です。

EOS R5が、Canonのミラーレスの中でも特別ハイスペックで、値段も50万円超えと、最高級プロ機として発売されたのに対し、R6はその最新機種のいいところはそのままに、価格を15~20万円ほど落とした、アマチュアでもギリギリ手が届くような金額に設定されています。

 

Canon(キヤノン) EOS R6を知る前に、EOS Rシリーズとは?

今回はCanon(キヤノン) EOS Rシリーズの最新機種であるCanon(キヤノン) EOS R6について解説しますが、その前に少しだけ、Canon(キヤノン) EOS Rシリーズについても確認しておきましょう。

これを知っていると、Canon(キヤノン) EOS R6の解説もわかりやすくなります。

「そんなの知っているよ!」というかたは以下をタップして読み飛ばしてください。

『Canon(キヤノン) EOS R6の4つのポイント』までスキップ

Canon(キヤノン) EOS Rシリーズの特徴

canon eos r

(引用:Canon EOS Rシリーズ

Canon(キヤノン) には数多くのデジタルカメラ、一眼カメラがありますが、中でもEOS Rシリーズはミラーレス一眼のシリーズです。

元々、Canon(キヤノン)にはミラーレス一眼の機種としてEF-Mシリーズがありましたが、2018年10月に最初のモデル EOS Rを発売して以来、Canon(キヤノン)のミラーレスシリーズとしてEOS Rシリーズが誕生しました。

そんなEOS Rシリーズの主な特徴は以下の2つです。

・フルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼
・新規格となるRFマウントを採用

EOS Rシリーズの特徴1:フルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼

Canon(キヤノン)のカメラとしては初の、35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラです。

今回登場したEOS R5 / R6ももちろんフルサイズミラーレス一眼カメラです。

今後は従来の一眼レフシリーズのように、幅広いユーザー層に対応するラインナップの展開が予想されます。

EOS Rシリーズの特徴2:新規格となるRFマウントを採用

また従来の一眼レフとは異なったレンズマウント、RFマウントが採用されています。

これまで長い歴史を誇り、その分多くのEFレンズが展開されてきましたが、EOS Rシリーズでは直接使用することができなくなります。

元々Canon(キヤノン)と言えば、レンズのラインナップの多さが強みの一つでもあり、Canon(キヤノン)ユーザーでEFレンズを多数持っている人には、切り替える際のネックになるかもしれません。

今までのレンズやカメラ一式を買取に出して、その分でRシリーズに丸ごと移行する手もあります!
メルカリより高価買取でおすすめの、カメラ買取 を試してみてください!
※問い合わせ無料

スポンサードサーチ

Canon(キヤノン) EOS R6の4つのポイント

(引用:Canon EOS Rシリーズ

ここから改めてCanon(キヤノン) EOS R6についてみていきましょう。

EOS R6はコンセプトの通り、今一番性能が高いと言われるR5に近い性能を持ちながらも、R5よりも15万円近く安い35万円前後に収めているマイアマチュアモデル機種です。

フルサイズ一眼レフの「EOS 6D」と同じ位置付けと言えるでしょう。

そんなEOS R6の中でも今回特に取りあげたいポイントは4つです。

・EOS R5と同レベルのフルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」
・EOS R5よりも暗さに強い!高感度最大ISO102400と低ノイズ
・世界初の手ブレ補正機能
・その他EOS R5と変わらない性能とR6にはない性能

EOS R6のポイント:フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」

Canon(キヤノン)のEOS R6は、EOS Rシリーズの中で新しいスタンダード機としての位置付けですが、その性能はR5の良いとこ取りをしたような高性能です。

有効画素数約2010万画素とEOS R5には劣りますが、同程度の性能のフルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」を搭載しています。

シンプルな画素数勝負では違いがありますが、スタンダード機としてはかなりハイレベルにあります。


(サンプルをしっかりみたい方は→EOS R6 | 撮影サンプル

EOS R6のポイント:高感度最大ISO102400と低ノイズ

またCMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC Xの画像処理性能により、常用で最高ISO 102400とEOS R5よりも高感度で撮影できるようになっています。
さらに高感度にも関わらず、かなり低ノイズで撮影できます。
以下の作例を参考にしてください。


(*ISO感度 102400 サンプルをしっかりみたい方は→EOS R6 | 撮影サンプル

また低ノイズで撮影できるだけでなく、暗い中でもAFがしっかり機能するのもポイントです。

オートフォーカスセンサーが正しく稼働する露出値の範囲である測距輝度範囲も、若干ですがEOS R5よりも上回るEV‒6.5~20(R5ではEV‒6.0~20)となっています。

EOS R6はR5よりも、暗い環境での撮影に強みを持っているのがわかります。

EOS R6のポイント:世界最高8.0段の手ブレ補正効果

(引用:Canon EOS R6商品ページ

さらにEOS初のボディ内5軸手ブレ補正機構(In body Image Stabilizer:IBIS)を搭載しています。

ボディ内手ブレ補正 + RFレンズを使用すると、8.0段の手ブレ補正効果を発揮します。

8.0段の手ブレ補正効果は世界最高レベルです。

この強力な手ブレ補正機能で、長目のシャッタースピード撮影でも手持ち撮影が行えるなど、撮影領域の自由度がさらに広がります!

EOS R6のポイント:EOS R5と変わらない性能とR6にはない性能

そのほかにもEOS R6は、最高約20コマ/秒(電子シャッター撮影時)の連続撮影性能』や、『バッテリーの稼働時間』など、EOS R5に負けない性能をたくさん持っています。

一方で『画素数の差(R5は4500万画素)』や、『8K撮影機能がない』などが大きな違いで欠点ですが、この機能がないだけで15万円以上安いので、十分魅力的なモデルでしょう。

EOS R5のいいところはしっかり搭載しつつ、少しでも負担が少ないように値段設定されているのが、EOS R6です。

Canon EOS R6のスペック一覧表

最後に、EOS R6のスペックを一覧で表にまとめておきます。

表の後に、購入すべきかどうか考察を載せておきます。

製品名 キヤノン EOS R6
発売日 2020年08月27日
価格 35万円前後
マウント キヤノンRF系マウント
センサー フルサイズ(35.9x23.9mm CMOS)、EOS-1D X Mark IIIセンサー
画像処理エンジン DIGIC X
画素数 2010万有効画素
最大記憶画素数 5472x3648px
ISO 常用: 100-102400、拡張: 50-204800
連写 メカ/電子先幕: 約12コマ/秒、電子: 約20コマ/秒
連続撮影可能コマ数 RAW: 約110枚、RAW+JPEG: 約91枚、JPEG: 約1000枚以上
オートフォーカス方式 デュアルピクセルCMOS AF II(コントラストAF+像面位相差AF)
EOS iTR AF X(ディープラーニング活用のアルゴリズム)
AFスピード 最速約0.05秒
測距輝度範囲 EV-6.5~20
AF検出 人物: 瞳/顔/頭部、動物(犬・猫・鳥): 瞳/顔/全身
モニター 3.0インチ (TFT式カラー/162万ドット) / バリアングル
タッチパネル
シャッタースピード メカ/電子先幕: 1/8000-30秒・バルブ、電子: 1/8000-0.5秒
撮影可能コマ数 約250コマ(なめらか優先: 360枚、省電力優先: 510枚)、動画: 合計約1時間20分
RAW JPEG、RAW(14bit、.CR3)、RAW+JPEG、C-RAW
HEIF ○(10bit、HDR PQ)
DPRAW ○(ポートレートリライティングと背景明瞭度が追加)
カメラ内RAW現像
動画機能 4K UHD(3840x2160) 60/50/30/25/24p、4Kは5.1Kからオーバーサンプリング処理、4Kのクロップ: する/しない、フルHD(1920x1080) 60p
ハイフレームレート フルHD(1920x1080) 120fps
ファイル形式 MP4
映像圧縮方式 H.264/MPEG-4 AVC、H.265/HEVC
撮影時間 29分59秒、スローモーション動画時は7分29秒まで
ボディ内手ぶれ補正 5軸手ブレ補正、レンズ内光学式手ブレ補正と協調制御で最大8.0段分、動画電子IS
防塵防滴仕様
シャッター耐久回数 約30万回
Bluetooth 4.2
USB充電 充電/給電(USB電源アダプター PD-E1使用)
メモリーカード SDXC UHS-IIx2のダブルスロット
AFセレクター ○(マルチコントローラー)
AF-ONボタン
138.4mm
高さ 97.5mm
奥行き/厚み 88.4mm
質量/重さ 598g、680g(総重量)
バッテリー LP-E6NH/LP-E6N/LP-E6
バッテリーグリップ BG-R10(EOS R5/R6用)
内蔵マイク ステレオ

スポンサードサーチ

Canon(キヤノン) EOS R6解説まとめ

今回解説したCanon(キヤノン) EOS R6は、最高品質のR5にも負けない性能を持ちながらも、あくまで価格を抑えたハイアマチュアモデルになります。

中でも暗い環境での撮影であればCanon(キヤノン) EOS R5にも負けない性能の高さを見せてくれるほどのハイスペックです。

価格はボディのみ33万5500円(税込)です。

「金銭的にR5は厳しい…けどCanonのミラーレスにしたい!」

あるいは

「もう一段カメラを進化させて、より写真の腕をあげたい!」

という方にはぴったりなカメラです!

最後にR6を安く買うための裏技も掲載しておきます。

Canon EOS R6を安く購入する方法

『EOS R6が欲しい!』
『でも買い換えるのはお金が厳しい…』

そんな時はカメラ買取で軍資金をつくりましょう!

高価買取なので、うまく活用すれば半額以上安くカメラを買うこともできるかも!

出張査定も無料で一切負担がないので、まずは気軽に問い合わせてみてください!

メルカリより高額カメラ買取【写し屋】

『カメラやレンズが欲しいけどお金的に厳しい』

そんな時は今のカメラやレンズを
買取に出して軍資金を作ろう!
レンズ単品からでも利用可能です!

『査定料・出張料無料』で『納得の高額価格』
だから安心の写屋がオススメ!

気になる方はボタンをタップ!

カメラ・レンズ・撮影情報
フォトマップ編集部をフォローする
フォトマップ-カメラ・写真スポットメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました